HOME > イルカふれあい特別活動

イルカふれあい特別活動
イルカふれあい特別活動とは?

※画像をクリックすると拡大画像が開きます。

広汎性発達障害児の方などにドルフィンスイム等を体験してもらう特別プログラムです。
当センターでは平成18~21年度、高知大学医学部と共同でイルカセラピーの研究を行いました。
その成果をもとに自閉症などの発達障害児に対して、特別プログラムを実施しています。
プログラムを通し「チャレンジする意欲」を湧き起こさせ、「達成感」を味わうこと、学習能力とコミュニケーション能力を高めること等を目的に活動しています。

※自閉症とは社会性の障害(対人的なやりとりのなさ)、コミュニケーションの障害(言葉の遅れ)、想像力の障害(こだわり行動・興味の限局)の三徴候を発達早期からもつ発達障害です。

プログラム参加にあたって

イルカふれあい特別活動は自閉症など発達障害の方々向けの体験プログラムです。
現在は、ドルフィンスイムの特別時間枠9:20AM~10:00AMをゴールデンウィーク及び夏休み期間中などに実施中。
参加にあたり、スタッフがお子様の症状や状態などのヒアリングをし、ご案内をいたします。内容についてはお気軽にご相談ください。

一般プログラムとの違い

(1)通常ドルフィンスイムの定員は8名ですが、本プログラムでは参加者1人につき1頭のイルカで対応いたします(ご家族やお友達がいっしょにドルフィンスイムなさる場合は、1組を1頭のイルカが対応させていただきます)。
(2)説明などは写真等を使い、分りやすく丁寧に行います。
(3)サポートスタッフがマンツーマンで対応します。

これまでの活動経緯
平成18年
4月室戸ドルフィンセンターオープン
7月高知大学医学部による「広汎性発達障害児に対するイルカ介在療法の研究」18年度開始
平成19年
8月~10月高知大学医学部による「広汎性発達障害児に対するイルカ介在療法の研究」19年度開始始
8月~12月高知大学医学部による一般成人に対する「イルカを用いたストレス緩和効果の研究」
平成20年
3月シンポジウム「イルカセラピーの現状と可能性~室戸でのイルカ飼育を通じて~」開催
8月~9月高知大学医学部による「イルカセラピーの研究」
平成21年
3月第1回 広汎性発達障害児対象1泊2日「イルカと友達になろう&自然体験活動」開催
主催 NPO法人室戸ドルフィンプロジェクト
共催 国立室戸青少年自然の家
協力 高知大学医学部
10月第2回 広汎性発達障害児対象1泊2日「イルカ触れ合い活動」開催
主催 NPO法人室戸ドルフィンプロジェクト
協力 高知大学医学部
平成22年
3月第3回 広汎性発達障害児対象1泊2日「イルカ触れ合い活動」開催
主催 NPO法人室戸ドルフィンプロジェクト
協力 高知大学医学部
6月・10月第4回・第5回 広汎性発達障害児対象1泊2日「イルカ触れ合い活動」開催
主催 NPO法人室戸ドルフィンプロジェクト
協力 高知大学医学部 MHCC
協力 高知大学医学部
10月広汎性発達障害児 イルカふれあい活動体験モニター実施
平成25年~ 発達障害等の方々のためのドルフィンスイムの特別時間枠9:20AM~を開始。
ゴールデンウィーク及び夏休み期間中などに実施。詳細はお問い合わせ下さい。
お問い合わせ・お申込みは0887-22-1245(受付時間/AM9:00~PM4:00)
PAGETOP